「教育史フォーラム・京都」について

このブログでは、2015年11月以降の「教育史フォーラム・京都」からのお知らせを発信しています(旧ホームページ:http://www.educ.kyoto-u.ac.jp/jshse/saito/Forum.html)。「教育史フォーラム・京都」事務局:〒606-8501京都市左京区吉田本町京都大学教育学研究科駒込研究室 e-mail: fk-jimukyoku[at]freeml.com(メールの送信の際は、[at]を「@」に変換してください)入会をご希望される方は、ブログエントリー「入会手続きについて」(2015年11月14日)をご覧ください。

2019年3月5日火曜日

第43回研究会について 山口


昨日(2019年3月4日 於谷岡学園サテライトオフィス「CURIO-CITY
盛会のうちに 教育史フォーラム・京都 第43回研究会を終えることができました。
発表者をはじめといたしまして ご参加いただきました会員各位
また ご欠席ながらも お気遣いいただきましたみなさまに感謝いたします。
ありがとうございました。

遅ればせながら、以下に昨日のプログラムを掲載いたします。

なお、次回の研究会につきましては
日時場所等、決定次第 本ブログおよびメールにてお知らせいたします。
今後ともよろしくお願いいたします。

〜第43回 研究会プログラム〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【第1部】
[1]13:00〜14:00  劉迎春 氏
  「ジェンダーの視点から見るモンゴル人女子教育
   -毓正女学堂(19031909)を事例として-」
214:0015:00 月川青花 氏(同志社大学文学部文化史学科学生)
  「「帝大教授」平賀譲の技術顧問就任問題
   -海軍と川崎造船所社長平生釟三郎のはざまで-」

【第2部】
315:1516:15 笠松敬太 氏(神戸大学大学院文学研究科院生)
  「在営期間短縮論と青年訓練所」
世話人特別企画]
   16:1517:45 梶山雅史 氏(岐阜女子大学)
  「近・現代日本教育会史研究をふりかえって」

18:30ー 懇親会(和食 たちばな)
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



ブログについての謝罪とお知らせ(事務局・山口)


みなさま

いつも大変お世話になっております
教育史フォーラム・京都 事務局 
 山口刀也です。

このブログでは
2015年11月より、本会からのお知らせを発信して参りました。

しかしながら
第41回研究会(2018年3月12日)以降、私の不手際により、更新が滞っておりました。
これにより、みなさまにご迷惑をおかけいたしましたことを謝罪いたします。
申し訳ありませんでした。

このたび ブログを復旧いたしましたので
今後、研究会や会誌に関する情報をはじめとする お知らせを定期的に発信いたします。
どうぞ、ご参照ください。

 山口




2018年2月21日水曜日

教育史フォーラム・京都 第41回研究会のお知らせ

◯日時:2018年3月12日(月曜日) 12:30-18:00
※なお、研究会終了後に懇親会(18:10-)を予定しております。
研究会と懇親会の双方ないしいずれかにご出席なさる方は、3月2日(金)までに
事務局(forum-kyoto@freeml.com)にご連絡ください。
よろしくお願いいたします。

◯場所: 谷岡学園サテライトオフィス「CURIO‐CITY」(グランフロント大阪タワーA〔南館〕16階)
アクセス:
http://www.tanigaku.ac.jp/contents/guide/img/satellite_access.pdf

◯報告(題目は全て〔仮〕です)
1〕 12:30-13:30  【世話人企画】 
梅村佳代(奈良教育大学名誉教授)「近世民衆教育史研究を振り返る」
2〕 1335-14:35【以下、個人発表】
石岡学(同志社大学)「明治初期小学校の試験における「競争」と「弊害」の意味」
*小休憩1435-14:50
3〕 1450-15:40       
後藤  篤(一橋大学・院)「実践史研究の視点から「実践思想」を考える1920-30sの生活指導実践を対象に-」
4〕 1545-16:45       
一色範子(佛教大学・院)「京都市立小学校が編纂した『子ども風土記』の特徴とその活用の意義「伝統と文化」を視点とした授業開発を意図して-」
5〕 16:50-17:50       
山口刀也(京都大学・院)「1950年代前半岩国市の基地売買春街化と「子どもを守る」 中原ゆき子に着目して-」
*懇親会(1810–)
  
皆様の奮ってのご参加をお待ちしております。

2017年12月4日月曜日

「教育史フォーラム・京都」第41回研究会の報告者募集および『教育史フォーラム』第13号の投稿募集

以下の2点につきまして、ご案内させていただきます。
1. 「教育史フォーラム・京都」第41回研究会の報告者募集
2.『教育史フォーラム』第13号の投稿募集



1.「教育史フォーラム・京都」第41回研究会につきまして
次回研究会は次のように予定しております。
日時:2018年3月12日(月曜日)
場所(予定): 谷岡学園サテライトオフィス「CURIO‐CITY」(グランフロント大阪タワーA〔南館〕16階)
→アクセスマップ(http://www.tanigaku.ac.jp/contents/guide/img/satellite_access.pdf)

以下のように報告者を募集いたします。
募集締切:2018年2月12日(月曜日)
申込先:forum-kyoto@freeml.com(「教育史フォーラム・京都」事務局のメールアドレス)
上記まで、ご連絡をお願いします。




2. 『教育史フォーラム』第13号につきまして
第13号への「研究論文」「研究ノート」「史・資料紹介」など、各タイプの投稿を、募集しております。
ご投稿をお考えの方は、
【投稿要領】をご確認いただいたうえで
2018年1月31日(水)までに
「お名前」「投稿ジャンル」「仮タイトル」を事務局(forum-kyoto@freeml.com)までおしらせください。

【投稿要領】
a. 原稿提出の〆切は、2018年2月28日(水曜日)です。
b. 原稿は横書き、40字×36行の書式とし、原則として次の枚数を上限とします(図・表を含み、これらはWord本文への組み込みをお願いします)。
   ・研究論文   22枚
   ・研究ノート  22枚
   ・インタビュー記録 22枚
   ・資料紹介   22枚
   ・書評     10枚
c. いずれも電子ファイル(Word)にて、「教育史フォーラム・京都」事務局(forum-kyoto@freeml.com)への送付をお願いします。
d. 「研究論文」「研究ノート」には、要約(300字程度)を付して下さい。
e. 「 研究論文」「研究ノート」につきましては、2018年3月末までに読み合わせコメント及び掲載の可否をご連絡致します。(掲載可となった原稿は2018年4月末日までに完成原稿をご提出ください。)
f. いずれの原稿にも、英文タイトルを付して下さい。
g. 原稿を掲載させていただいた方には、投稿ジャンルを問わず、抜き刷り代として実費5000円のご負担をお願い致します。
ご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

※ 会員外で報告や投稿をご検討の方は、本研究会への入会手続きをして頂く必要があります。
入会希望の方は、事務局forum-kyoto@freeml.com)までご連絡ください。

2017年8月18日金曜日

教育史フォーラム・京都第40回研究会のお知らせ

教育史フォーラム・京都
第40回研究会の詳細が決定いたしました。
以下の通り お知らせいたします。
会員外の方も参加可能です。
参加ご希望の場合は、教育史フォーラム・京都事務局までご連絡ください。

◯日時:2017年9月8日(金曜日) 13:00-17:40
※なお、研究会終了後に懇親会(18:00-)を予定しております。
研究会と懇親会の双方ないしいずれかにご出席なさる方は、
9月1日(金)までに
事務局(forum-kyoto@freeml.com)にご連絡ください。
よろしくお願いいたします。

◯場所: 京都大学・吉田泉殿
※アクセス
(http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/about/campus/facilities/kyoshokuin/izumi/access.html)

◯報告(題目は全て〔仮〕です)
〔1〕13:00 西郷南海子
「北川民次と1910年代アメリカ美術
-The Art Students League of New Yorkに着目して-」
〔2〕14:10 山口刀也
「1950年代前半の岩国米軍基地と生活綴方
ー恩田操の文集編纂およびその反響に焦点をあててー」
〔3〕15:30 花田史彦
「映画評論家・佐藤忠男の大衆論と教育論」
〔4〕16:40-17:40 永田和寛
「中内敏夫の教育思想史研究と生活綴方」

2017年7月26日水曜日

『教育史フォーラム』第12号(2017年6月)

本年度の『教育史フォーラム』第12号を発行し、会員の皆様にお送りさせて頂きました。
掲載論文等は次の通りです。

【論文】
柏木敦「戦前期小学校教科書における字体および活字の変遷―活字と手書きとの統一をめぐって」
山口刀也「1950年代前半における基地と生活綴方―山口県岩国市の教師恩田操の実践に着目して」

【研究ノート】
小綿哲「セネガルにおけるフランス植民地教育の導入とその意図」
呉永鎬「朝鮮学校の生活綴方―東京都立朝鮮人高等学校『新芽文集』(1952年)を読む」

【資料紹介】
ファンステーンパール ニールス「『三野人物考 和合編』―順序なき人名録の「謎」と「真相」」
永田和寛・山口刀也「「芦田恵之助先生教壇記録」第1巻―芦田恵之助の「台湾遊行」」

2017年2月16日木曜日

教育史フォーラム・京都 第39回研究会のご案内

※開催時刻及び日程変更を行いました。赤太字部分にご注意ください。(2017年3月1日)

日時:3月8日(水)午前12時30分開始(終了後、懇親会)
場所:谷岡学園梅田サテライトオフィス「CURIO-CITY」(大阪駅直結のグランフロント大阪タワーA(南館)16階)
※アクセス・マップ(http://www.tanigaku.ac.jp/contents/guide/img/satellite_access.pdf)

※終了後、懇親会を行う予定です。懇親会に参加を希望される方は、
事務局(forum-kyoto@freeml.com)宛に、その旨をお知らせください。
締め切りは、3月1日(水)とさせて頂きます。
研究会に初めていらっしゃる方の参加も歓迎しております!
場所は、グランフロント大阪内の飲食店の予定です。
※会場内で飲食をして頂いても構いません。ただし、ゴミは各自で持ち帰るようにしてください。

タイムスケジュール(敬称略)

12:30-13:30 第1報告 西郷南海子「現代美術社・太田宏の思想と実践ー美術を学ぶのは何のためか―」(仮)
13:30―14:30 第2報告 小綿哲「セネガルにおけるフランス植民地教育」(仮)
小休憩:10分(14:30―14:40)
14:40―15:40 第3報告 余姿慧「戦後初期台湾における対日観ー新聞紙面に見る脱植民地化の模索ー」(仮)
15:40―16:40 第4報告 井上快「近世後期の藩校教師に求められた力量―『井上四明上書』に着目して―」(仮)
小休憩:10分(16:40―16:50)
16:50―17:50 第5報告 宮坂朋幸「明治期における「教員」の職務の変遷」(仮)
18:00―    懇親会
※報告順は変更する可能性があります。